【更年期障害】の治療法

      2016/05/15

「更年期障害」の治療法をまとめてみました。

更年期障害の治療をしていただくお医者さんとしては、更年期外来、内科ですが、カウンセリングをでも改善することができ心療内科なども受診されるといいと思います。

1.ホルモン補充療法(HRT)
   更年期障害の根本治療を目的として、減少した女性ホルモンを補充する方法です。
  ホットフラシュ(のぼせ、ほてり)、動悸などの改善に効果があります。

  ただ、ホルモン補充療法には副作用(不正出血、乳房のハリや痛み、おりもの、下腹部のハリ、吐き気など)があるので、お医者さんとよく相談して受けるかどうかご自身で決める必要があります。

2.漢方薬: 
  その人の症状や証によって色んな漢方薬があります。
  色んな症状に対応できて副作用も少ないのがメリットです。 

  柴胡加竜骨牡蛎湯、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、抑肝散半夏陳などが昔からあります。

3.うつや不安症状が強い時は、睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などの薬が処方されることがあります。

4.カウンセリング:専門家によるカウンセリングもうつや心の不安を取り除くのに有効な治療法です。

と、ここまでは更年期障害外来、内科、心療内科などで症状に合わせた治療をやっていただくのが正しい対処方法で、市販薬でなんとか乗り切ろうなどとは思わない方が懸命です。

更年期障害の症状を少しでも軽くするために、自分でできる方法があります。
1.心の持ち方
更年期障害はこの先ずっと一生続くものでありません、そのうちに慣れたり治ったりするとことがあるというふうに考えて、あまり深刻に捉えないで、ほうがよいということです。

トップページにも記載したとおり、ネアカに過ごしている人ほど更年期障害は軽く済んでいるというデータがあります。

現れる症状に深刻になって考え込んだり落ち込んだりしないで、むしろ、積極的にスポーツなどで汗をかくなどして、ネアカにすごしたほうが症状が軽くなるといわれています。

2.「自律神経の乱れを整える」ことを考える。
更年期障害の根本は「自立神経の乱れ」です。

「自立神経の乱れを整える」キーワードが、 【栄養のバランス】、【血行改善】、【腸内環境の改善】 の3つです。

この3つを満たしてくれるのがこちらに紹介するサプリメントです。

自律神経の乱れを整えてくれるサプリメントはこちら体つくりから更年期障害を軽くしてくれるサプリメントはこちら

 - 未分類