【更年期障害】自己チェック

   

あなたの気になる症状が更年期にあてはまるかどうかは簡易的にチェックできます。

下の表は日本で広く使われている「簡易更年期指数(SMI)」という自己チェックのシートです。

点数が高いほど「更年期障害」の可能性がありますが、自律神経失調症だったり、うつ病の可能性もあったりします。

通常は、このSMI表と問診によるチェックを行って、血液中のホルモンの分泌量を測定する血液検査を実施します。
合わせてがん(子宮頸がん、子宮体がんなど)や、うつ病など精神科の病気、ホルモンの病気、耳鼻科の病気の検査をする場合もあります。

「更年期障害かな?」と思ったら、この表を持って、早めに婦人科の診断をおすすめします。

更年期チェックリスト

症状 症状の程度(点数)
1.顔がほてる 10
2.汗をかきやすい 10
3.腰や手足が冷えやすい 14
4.息切れ、動悸がする 12
5.寝付きが悪い、眠りが浅い 14
6.怒りやすく、すぐイライラする 12
7.くよくよしたり、憂鬱になることがある
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある
9.疲れやすい
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある
1から10までの合計点を記入してください。

出展:漢方を知ろう「電子ブックで見るテーマ別漢方 更年期ってなに?」

点数の評価は次のとおりです。
0~25点  : 問題なし
26~50点 : 食事、運動に気をつけ、無理をしないようにする。
51~65点 : 生活指導カウンセリング、薬物療法を受けた方が良い。
66~80点 : 長期(6ヶ月以上)治療が必要。
81点以上  : 各科の精密検査が必要。

 - 未分類