【更年期障害】の症状とは

   

sample_photo1
更年期の症状を上げると次のようになります。
現れる症状と強弱は、人それぞれ、まちまち。

もし自分に似た症状が現れたら自己診断チェックシート(SMI)でチェック。
自分の症状をキチンと整理して、早めにお医者さんに相談して検査してもらいましょう。
そのうえで適切な治療を。

- 全身症状:倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重いなど
- 頭の症状:頭痛、頭が重い、ぼーっとするなど
- 呼吸系の症状 :息苦しい、息切れなど
- 循環器系の症状:動悸、胸が苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動など
- 消化器系の症状: 胸焼け、胃がむかむかする、吐き気、下痢、便秘、腹痛、みぞおちの痛み、お腹が張りやすいなど
- 泌尿器系の症状:トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど
- 生殖医器官:月経不順、月経痛、不感症など
- その他全身症状:冷え、のぼせ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、腰痛、目の疲れ、口の渇き、めまい、汗をかきやすい、ホットフラッシュ、
不安感、イライラ、怯え、緊張、不眠、皮膚のかゆみ、など

「更年期障害」は身体にバランスのとれた栄養を充分にあげることと、生活習慣の見直しで症状が軽くなることが期待できます。

治療をより効果的にするためには身体つくりを。

身体にバランスのとれた栄養を充分にあげるにはこちら。

 - 未分類